2016 Autumn/Winterの商品情報はreric ONLINE SHOPにてご覧いただけます

 

EVERYDAY CHALLEGE. BIKE&RUN

  サイクルウェアから始まったレリックは、 この春、ランニングウェアをスタートさせます。 そこに込められた、RUN&BIKEというスポーツへの想い--。 RUN&BIKEの出発点は、スポーツってもっと気楽でいい、気軽がいい、ということ。学生時代の汗と泥とは一味違った、現代を生きている大人たちにとってのFUNであり、ライフスタイルの一部として。からだを動かす、そこにはシンプルな喜びがあるから。 例えばBIKEやRUNは、好きな時間に自分のペースで取り入れられる、私たち向きのスポーツではないだろうか。おいしいものを食べたり、友人と語らったり、日常生活と地続きのシームレスなものとして。身構えずに自分のペースで、ときには仲間で。だからウェアは着飾りすぎない、気取らないものがいい。楽しむことが目的だから、そりゃあ気持ちいい方がいい。つまるところ快適な着心地で、デザインだって「快適」に思えるものがいい。 RUNとBIKEは親和性が高い。 あなたがもしランナーであるなら、ときには自転車に乗って遠くへ。あなたがもしサイクリストであるなら、いつかはマラソンを目指してみたり。毎日がちょっとした挑戦になる。それってワクワクする。 もっとスポーツで遊ぼう。 自分のからだを楽しもう。 レリックは繊維のプロです。そしてサイクリストであり、ランナーでもあります。技術者集団としてアパレルの開発と生産に携わってきたバックボーンを、「着たいと思えるサイクルウェア作り」に注ぎ込みました。 ベストなフォームをいかにサポートするか。そしてスタイリングと機能の両立。さらには日本人にフィットするように。最初のサイクルウェアの発表までに3 年の歳月がかかってしまったのはそのためです。 そしてこの春、新しくRUNのためのウェアもスタートさせます。日本人のRUN&BIKEを快適かつスタイリッシュにサポートすることを約束します。