【週刊富士ヒル通信 Vol.11】富士ヒル限定商品「ベントブロックジレ」が発売!!

富士ヒルまで残り2週間となりました。自己ベストを目指す皆さんも、この期間の調整が大切になりますね。
今回の富士ヒル通信は、大会を支えるボランティアスタッフ向けのウェア、ジレ(ベスト)を紹介します。こちらの製品もレリックがサポートしています。

富士ヒル参加者をサポートするボランティア「下山パトロール隊」

ヒルクライムには、ひたすら重力に逆らって坂を登りきったあとに、登った分だけのダウンヒルが待っています。登りで疲れきった身体の状態で一気に坂道を下ると、スピードが出すぎて、コーナーを曲がりきれず、落車などの危険度が増してしまいます。富士ヒルでは参加者を安全にスタート地点まで誘導するために、ボランティアの参加者で構成された、「下山パトロール隊」が安全に下山を誘導してくれます。
レリックはそのような下山パトロール隊に向けた、スタッフ用のジレを作りました。
レリックの軽量ウインドブレーカーの「Gemini(ゲミニ)ウインドブレーカー」のパターンをベースに作っています。

極めて薄手の生地を採用しているので、軽量かつコンパクトにもなるジレです。また、視認性を高めるため、色はイエローを採用しました。
この記事を読んでいらっしゃる方の中にも、下山パトロールのボランティアをされる方がいらっしゃるかもしれません。ぜひ大会での着用を楽しみにしてください。

限定販売のジレ

また、下山パトロール隊のジレの他に、参加される皆さんにはこの軽量ベストを数量限定で販売いたします。
「ベントブロックジレ」として、下山パトロール隊用の生地とは異なりますが、レリックの定番ウインドブレーカー「Gemini(ゲミニ)」と同じ素材を使っています。
丸めてバックポケットに入れておけば、当日の下山時だけではなく、普段のライドでも使えるアイテムです。

ライディングポジションを取っても身体に沿うようになり、生地が下がらないように作られています。そのため、前からの風でのバタつきが抑えられます。

ちょうどよい大きさの脇ぐりは、ライド時の風の進入を極力少なくする仕様になっています。
胸には富士ヒルの大会ロゴとレリックのロゴがプリントされています。
腰の部分には、夜間ライドでも視認性の高い、リフレクターシールがついています。

カラーはモデル着用のホワイトの他、ライム、レッド、ターコイズの4色です。
こちらの商品は6月1日より発売開始となります。
数に限りがございますので、早期に品切れになる可能性もあります。あらかじめご容赦ください。