【週刊富士ヒル通信 Vol.10】最速ヒルクライマーは誰の手に?表彰台で、このジャージを着るのは?

富士ヒルクライム

【週刊富士ヒル通信 Vol.10】最速ヒルクライマーは誰の手に?表彰台で、このジャージを着るのは?

Mt.Fujiヒルクライム2017のチャンピオンジャージのデザインが上がりました!

大会まで1ヶ月を切り、自己ベスト更新や、表彰台を狙うライダーの皆さんにとってはこれからの調整には余念が無いことかと思います。
今年の富士ヒルに協賛をしたレリックは、公式ジャージだけではなく、チャンピオンジャージのデザインも担当しました。

栄えあるチャンピオンジャージを手にすることができるライダーは?

今回のチャンピオンジャージはシンプルながらもグラデーションや微配色を使用し、立体感を出しています。全体のカラーと脇のデザインを微妙に変えることで身体が引き締まるように見え、身頃の富士山のイラストは5本のボーダーで構成されています。これは富士ヒルクライムのゴールである5合目を意味し、これに向かって、つづら折り風の道をデザインしました。
富士山のイラスト同系色にてグラデーションで表現し、主張しすぎず目立ちすぎない絶妙なコントラストで表現しております。
ベースは今回のオフィシャルジャージと同じrericを代表するエアロタイプのモデルです。
パーツ数を極力減らし、【APS-Ⅱ】というライディングポジションにてカッティングされ、袖口はフリーカット技術を採用したハイエンドモデルです。

総合優勝

全てのカテゴリ中、富士ヒル2017で最も早く山頂に辿り着いた方に贈られる、富士ヒル2017最速の称号です。
男子は富士ヒルの大会カラーであるブルーを、女子は女性らしいピンクを採用しております。

山岳スプリット賞

レース終盤に待ち受ける、勾配の急な19km~20km地点に設定された1キロのスプリント区間をもっとも速く駆け抜けた選手に贈呈される、富士ヒルのポイント賞です。男子はグリーンベース、女子はオレンジベースで仕上げております。

ブライテストホープ賞

いわゆる新人賞です。12歳~22歳(大会当日年齢)の中で、もっとも将来性ある走りを見せた選手を主催者が選び、男女1名ずつを表彰します。
ツール・ド・フランスを彷彿させる白ベースで作成しました。
男子はホワイトベースのブルー配色、女子はホワイトベースでピンク配色になります。

2017富士ヒルに参加される皆さん、
これらのジャージを目指して、ベストを尽くしましょう!!